「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:歌詞( 18 )

ちいさなゆき

まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんもお元気でしょうか・・・・!?

なかなか毎日忙しない日々を過ごしている私ですが、今年の5月に我々の団のコーラスの30周年演奏会が開催されます。

その時に歌う歌の歌詞を一つ紹介しますね!!この曲は昨年、四国の愛媛で行われたお母さんコーラス全国大会に出場した際にも歌った曲でもあります^^

とてもゆったりした可愛い歌詞と曲大好きな曲の一つです!!

歌詞の雰囲気だけでも皆さんに届け~~~~!!(笑)

b0109602_20534220.jpg


 ちいさなゆき                        作詞 まどみちお




   ちいさな ちいさな  ゆきが  
  
   ちいさな ちいさな  ゆきが ちらりん ひとつ

   ひとさしゆびにおりてきた

   ひとさしゆびの ゆびさきに 
   
   てんの つかいの ようにして



   ちいさな ちいさな ゆきが
     
   ちいさな ちいさな ゆきが  ちらりん ひとつ

   ひとさしゆびで きえちゃった

   ひとさしゆびの ゆびさきで

   てんの ようじは いわないで
[PR]
by miyullin | 2010-02-12 21:00 | 歌詞

いっしょに

私はコーラスを習っていますが、今、こんな歌を歌っています。

とても心が安らぐ素敵な歌詞です。音が出せないのが残念ですが、私たちはアカペラで歌っています。
歌詞だけでも、この世界に浸ってください^^


いっしょに

                                       作詞    くどうなおこ


b0109602_2129593.jpg



ここで  やすんでいきませんか

すこし おはなし しませんか


きのうみた ゆめのはなしや

あしたの おてんきのこと

かぜのはしるすがたや

ひかりの  こぼれぐあいについて

そして

あなたが どこからきて

どこへいくのか  なども・・・・


ゆっくり ゆっくり

うなづきあって

しばらくいっしょに

すごしませんか
[PR]
by miyullin | 2009-12-09 21:33 | 歌詞

タンポポ

↓の投稿とはうって変わって、今日は真面目に投稿します(笑)

今はあちらこちらでタンポポの花を見かけます。わたしはタンポポを見るたびにこの曲を思い出します。

わたしはコーラスを趣味でやっていて、宮田滋子さんの作詞の「タンポポ」と言う歌を歌ったことがあります。

この歌詞、結構じ~~んときて、好きなんですよね~~!!曲もゆったり春らしい曲なんですが・・

今日はそのタンポポの写真を見ながら、切ないタンポポの想いを載せます!!

     タンポポ

                                          作詞  宮田滋子

b0109602_2393457.jpg


     背丈の短い タンポポは

     一度でいいから  花束に 

     なってみたいと思ってた

      
     広い野原でタンポポは
    
     一度でいいから  花束に

      なってみたいと思ってた

 
     小さな女の子は ボタンのように

     頭だけつまんで ポッケに入れてった


b0109602_2314423.jpg



     ゆらゆら タンポポ  みんな みんな 揺れて

     春の夢を  見ている


b0109602_23433792.jpg


     そよ風の中 タンポポは

     一度でいいから 花束に

     なってみたいと思ってた

     
     小さい 男の子は

     うさぎのえさに 葉っぱだけ

     むしって いそいそ 持ってった


     明日は少し背が伸びるかな

     タンポポの夢・・・・・・
[PR]
by miyullin | 2009-04-20 23:19 | 歌詞

believe

今日はコーラスの練習の日でした。

今、色々な曲にチャレンジしています。

私の娘が高校生の頃、家で練習していた覚えがあります。  学校で歌っていたようです。

この曲は1998年(平成10年)にNHK「生きもの紀行」のオープニング曲にもなったもので、ご存知の方も多いと思います。何回この歌詞を読んでも、ちょっと泣けてきちゃいます!!

その歌詞を載せますね!!

b0109602_1836145.jpg


BELIEVE
【作詞・作曲】杉本竜一


1.たとえば君が 傷ついて
  くじけそうに なった時は
  かならずぼくが そばにいて
  ささえてあげるよ その肩を
  世界中の 希望をのせて
  この地球は まわってる
  いま未来の 扉を開けるとき
  悲しみや 苦しみが
  いつの日か 喜びに変わるだろう
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる

2.もしも誰かが 君のそばで
  泣き出しそうに なった時は
  だまって腕を とりながら
  いっしょに歩いて くれるよね
  世界中の やさしさで
  この地球を つつみたい
  いま素直な 気持ちになれるなら
  憧れや 愛しさが
  大空に はじけて耀(ひか)るだろう
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる

   いま未来の 扉を開けるとき
   アイ ビリーブ イン フューチャー
   信じてる 


you tubeにも載っていたので、聞きたい方はどうぞ^^

              
[PR]
by miyullin | 2008-09-26 18:49 | 歌詞

聞こえる

私が所属しているコーラスの団の演奏会が5月に行われます。

その時に歌う、「聞こえる」の歌詞を載せます。

この歌は、中学、高校のコーラスのコンクールでよく歌われた歌なのですが、歌を歌う度に、この歌詞を重みをひしひしと感じます。
1990年前後に作られた歌で、その当時の社会情勢にかなり訴えた歌です。

歌詞には、世界中から聞こえてくる情景を前にして自分が何も出来ない事に対していらだちを覚え、葛藤する若者の姿が描かれています。

曲の背景には、天安門事件、原油流出事故、ベルリンの壁崩壊、環境汚染(特に森林破壊)があります。特に、油泥にまみれた海鳥の描写は作曲の翌年に起こった湾岸戦争での海岸原油汚染を先取りしたかのようで興味深いです。

私の拙い写真では表現出来ないくらい、壮大な詩ではありますが、今の時代にも繋がる、スケールが大きい詩だと思います。皆さんもこの歌詞を読んで、何かを感じていただけたら、嬉しいです。

聞こえる


                                      岩間 芳樹  作詞

鐘が鳴る  鳩が飛び立つ  広場を埋めた群集の叫びが聞こえる

歌を  歌をください

b0109602_2043863.jpg



陽が落ちる  油泥の渚  翼無くした海鳥のうめきが聞こえる

空を  空をください

b0109602_20451653.jpg



歩み寄る 手に手に花を  歳月越えて壁越しに「歓喜の歌」が聞こえる

夢を  夢をください

b0109602_20471761.jpg



こだまして  木々が倒れる  追われて消えた野の人の悲しい笛が聞こえる

森を 森をください

b0109602_2114624.jpg




時代が話しかけている  

世界が問いかけている

見えている  聞こえている  感じている

だけど  何も出来ないこの部屋で

膝を抱いて  一人うずくまっているいらだち

教えてください 何が出来るか

光っている道を 心開いて歩いていきたい

何が出来るか  教えてください
   
[PR]
by miyullin | 2008-03-13 20:55 | 歌詞

夜明けのうた

今、コーラスで、今年の5月に演奏会をする曲を練習しています。そのステージの一つに、昭和の歌を歌うコーナーがあります。
ちなみに、今日、その中で役柄があり、私は、以前の演奏会で同じく、子役に決まりました。

私より年が若い人は何人かいるのに、またしても、子役です(笑)どうも、童顔で小柄な私は、子役にぴったりなようです^^;

今日はその中で、皆さんも多分ご存知である「夜明けのうた」の歌詞を投稿します。

夜明けのうた

                                作詞   岩谷時子

b0109602_16295470.jpg

                                  (片山津の夜明け)
 

  夜明けのうたよ わたしの心の
  きのうの悲しみ 流しておくれ
  夜明けのうたよ わたしの心に
  若い力を 満たしておくれ

  夜明けのうたよ わたしの心の
  あふれる想いを 判っておくれ
  夜明けのうたよ わたしの心に
  大きな望みを 抱かせておくれ

参考に、岸洋子が歌った夜明けのうたの動画もあわせてお楽しみください^^   夜明けのうたをクリックすると見れます!!


尚、ブログのお友達のさそりさんに今回は特別この歌を捧げます!!さそりさん、おめでとう!!
[PR]
by miyullin | 2008-02-22 16:39 | 歌詞

誰でも知っている「花」という歌・・・・

実は、今度の日曜日に、コーラスの仲間でアンサンブルコンテストに出場する事に急遽なりました。急に出演が決まったので、楽譜を見てよいとのことだったので、私も出場することにしたのですが、何故か途中から暗譜することに・・・・・まじ~~~!!

今回は、ソプラノ4人、メゾソプラノ4人、アルト三人、合計11人でコンテストに挑戦です!!

それが普通の花なら良いのだけど、編曲してあって、私はメゾソプラノなので、音も歌詞も違うし・・・しかもこの歌、アカペラで歌います^^;

もう、覚えるのに日にちが無い~~~!!ってことで、大変申し訳ないのですが、此処に歌詞を投稿し、覚える手段と致します(笑)

b0109602_2047630.jpg


ちなみに元の花の歌詞はこうです!!

春のうららの隅田川
のぼりくだりの船人が
櫂のしづくも花と散る
ながめを何にたとふべき

見ずやあけぼの露浴びて、
われにもの言ふ桜木(さくらぎ)を
見ずや夕ぐれ手をのべて、
われさしまねく青柳を

錦おりなす長堤に
くるればのぼるおぼろ月。
げに一刻も千金の
ながめを何にたとふべき


それで、私が覚える歌詞は・・・・


ラララララララララララ ラララ
ララ ララ ラララ ララ
ルルルルルルル ルルルララララ
ララ ララ ラララ ララ
ルルルルルル ラララララ
櫂のしずくも花と散る  ララララ
ララ ララ ラララ ララ
たとうべき  ララララ
ラララ ララララ ラララ ララララ ラ ララララ

見ずやあけぼの露浴びてルルルルルル ルル ラララララ
見ずや夕ぐれ手をのべて  ララララ
ララ ララ ラララ ララ
あおやぎを  ララララ
ラララ ララララ ラララ ララララ ラ ララララ

ララ ララ ラララ ララ
ルルルルルルル ルルルララララ
ララ ララ ラララ ララ
ルルルルルル ラララララ
げに一刻も千金の
ながめを何にたとふべき
ララララララララララララララ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだかルルとかララばっかりなんですけど~~!!
後3日で、このルルとララを覚えなければ~~~!!

どうすっぺ、どうすっぺ~~~!!

[PR]
by miyullin | 2008-01-23 21:25 | 歌詞

スターダストレビューコンサート

b0109602_14444449.jpg


皆さんスターダストレビューっていうグループをご存知ですか!?知らなかったのは私だけかもしれませんが、先日このグループのコンサートに行って来ました。

なんでも、たぬきさんが知人から譲り受けたチケットがあるというので、私もたぬきさんも良くしらないまま、コンサート会場へ・・・・・・前日ちょっとだけネットで情報は調べておいたのですが・・

会場に着くと、年齢層は10代から50代位までの人達の集まりでした。

何でも、25周年この記念コンサートのようで、テーマはなんと「健康」だとか・・・・

演奏が始まると、皆いきなり、総立ち!!ノリノリなんです。私達も立って良いのか悪いのか・・・

しかし座っていると、全く舞台が見えない~~~!!で仕方なく立ちましたが、この手のコンサートは、恥ずかしながら始めて・・・・普段コーラスをしているので、クラシックの演奏会は2ヶ月に1回位の割合で行っているのですが・・・・全く、感じが違う~~~!!

そんな私達でしたが、このグループ聞いているとかなり実力派でした^^

それにボーカルの根本要さん、凄くトークも面白かった。歌の合間にコントも交えながらの楽しいひと時でした。

もう、最後の頃は、立っているのも苦にならなくなり、振りをつけての皆に合わせて、自然と盛り上がって、いつの間にか、私も振りをしていたぞ(笑)
昨日食べたケーキのカロリーは確実にこの日で消化したと思われ~~ww

そんな中で、印象に残った曲は、「木蓮の涙」でした。
この曲が世間一般に知れられるようになったのは、2005年にニッカウヰスキーのCMソングとして新たに録音されたアコースティックバージョンが使用されたことによる。

詞は恋人と死別するもので、その内容から失恋ソングの隠れた名曲としても知られている。

とのことですが、本当に歌詞と曲の感じがすばらしい!!ジ~~んと心に染みましたよ。

その歌詞をちょっと載せます。

木蓮の涙

b0109602_16592669.jpg


逢いたくて逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探している あなたを呼んでいる

いつまでも いつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきだね 心は置き去りに

いとしさの花篭抱えては微笑んだ
あなたを見つめてた 遠い春の日

やさしさを紡いで織り上げた恋の羽
緑の風が吹く 丘に寄り添って

やがて時は行き過ぎ 幾度目かの春の日
あなたは眠るように空に旅立った

いつまでも いつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきね 私を置き去りに

木蓮の蕾が開くのを見る度に
あふれ出す涙は 夢のあとさきに

あなたが来たがっていたこの丘に一人きり
さよならと言いかけて何度も振り返る

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが
あなたを探している あなたを呼んでいる

いつまでも いつまでも そばにいると言ってた
あなたは嘘つきね 私を置き去りに


この曲の視聴が出来ます。下の木蓮の涙をクリックしてね^^

木蓮の涙

佐藤竹善 with コブクロ の「木蓮の涙」はこちら↓

木蓮の涙
[PR]
by miyullin | 2007-10-17 15:18 | 歌詞

ばら  きく   なずな

皆さん星野富弘さんってご存知ですか!?

作詞家、画家としても有名な方ですよね。ご存知ない方のために少々プロフィールを載せます。

1946年 群馬県勢多郡東村に生まれる
1970年 群馬大学卒業 中学校の教諭になるがクラブ活動の指導中頸髄を
       損傷手足の自由を失う
1972年 群馬大学病院入院中口に筆をくわえて文や絵を書き始める
1979年 前橋て最初の作品展
  〃    退院
1981年 結婚
1982年 高崎て花の詩画展  以後 全国各都市て開かれた誌画展は大きな
       感動を呼び入場者は100万人を超える
1991年 東村立冨弘美循館開館
       ブラシル各都市てリトグラフ作品を中心に花の詩画展
1994年 ニューヨークて花の詩画展
1997年 ハワイて花の詩画展
1999年 東村立冨弘美術館の入舘者が300万人となる


そんな彼の詩で、コーラスの歌も作られています。今、この星野富弘さんの歌を来年わがコーラスの団の定期演奏会で歌う予定です。

花に寄せてから、「ばら  きく  なずな」と言う歌です。この歌は依然私が茨城のコーラスの団に所属している頃にも歌いました。気持ちを入れすぎて歌うと、涙が止まらなくなります。

私の大好きな歌の一つ・・・又、金沢で出会いました。歌詞を紹介しますね^^

音の様子を聞きたい方は、此処↓をクリックしてね^^

ばら  きく  なずな

b0109602_20144444.jpg

淡い花は
母の色をしている
弱さと悲しみが
混じり合った
温かな母の色をしている

母の手は  菊の花に似ている
固く握りしめ
それでいてやわらかな
母の手は 菊の花に似ている


神様が たった一度だけ
この腕を 動かして下さるとしたら
母の肩を たたかせてもらおう
風に揺れる
ぺんぺん草の実を見ていたら
そんな日が
本当に来るような気がした
[PR]
by miyullin | 2007-09-29 20:22 | 歌詞

瑠璃色の地球

最近とっても嫌な、わけのわからない事件が多いですよね。人の心は病んでいるって思います。
私が以前、落ち込んでいた時、知り合いのコーラスグループが、松田聖子さんが歌った、「瑠璃色の地球」を合唱していました。その美しいハーモニーと、その歌詞に感動し、涙が出る想いでした。
お仕事で大変な方、家庭内でも、色々ありますよね!!どうか、私のように、この歌詞を読んでいただいて、優しい気持ちになったり、力が湧いてきたら、嬉しいです^^

b0109602_19452085.jpg

瑠璃色の地球

作詞 松本隆
作曲 平井夏美
唄 松田聖子


   





                
夜明けの来ない夜は無いさ
あなたがポツリ言う
燈台の立つ岬で
暗い海を見ていた
悩んだ日もある哀しみに
くじけそうな時も
あなたがそこにいたから
生きて来られた

朝陽が水平線から
光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球

泣き顔が微笑みに変わる
瞬間の涙を
世界中の人たちに
そっとわけてあげたい

争って傷つけあったり
人は弱いものね
だけど愛する力も
きっとあるはず

ガラスの海の向こうには
広がりゆく銀河
地球という名の船の
誰もが旅人

ひとつしかない
私たちの星を守りたい

朝陽が水平線から
光の矢を放ち
二人を包んでゆくの
瑠璃色の地球
瑠璃色の地球
[PR]
by miyullin | 2007-05-17 19:53 | 歌詞